やっぱり錦糸町風俗嬢となるような女性は性体験が豊富でなければ務まらないというイメージはありますが、今の求人サイトを見てみますと、そこまで経験の多少を問題視しているような店舗は見受けられないようです。

男性経験が少ない女性が錦糸町風俗求人に挑戦するまでをインタビューしてみた

今回、取材した女性は24歳の涼子さんです。風俗は未経験で女子校育ちなので男性経験が少ない女性でした。今回は【男性経験が少ない女性が風俗求人に挑戦する】という話をご紹介しましょう。

■男性に憧れはあった
涼子さんは落ち着いた雰囲気の女性で、パッと見は男性経験が少なそうにみえます。男性に憧れはあったけれど学生時代は習い事で一生懸命だったので、男子がいてもそれどころではなかったみたいです。初キスも初体験も22歳になってからですから、随分と奥手みたいです。

これまでの経験は2人だけですから、箱入りのお嬢様ですね。そんな涼子さんは思い切って風俗の世界に入ったのですが性感マッサージの錦糸町風俗は服を脱いだりパイ揉みされたりするような錦糸町風俗ではないのであまり拒否反応もなかったのです。

けれども面接を受けるまでは1年以上悩んでいたといいます。

男性経験が少ない女性が錦糸町風俗求人に挑戦するまでをインタビューしてみた

■一歩踏み出す理由とは……
見知らぬ男性とふたりきりになるのですから不安はあるのは当然です。ですが涼子さんが決めた理由は女性の店長さんだったことみたいです。そして、やはり性感マッサージで「舐めない」(つまりフェラチオはしない)とか「触られない」というソフトサービスだけでいいからでした。

<これならば自分でもできる>と思ったようです。

■マッサージ経験はあった
OLをしていた頃にマッサージ講習を受けたのです。それがキッカケで本格的にいつかは勉強したいとも思っていたことがキッカケになったそうです。

■まとめ
仕事で一番難しいのはお客さまが何を求めているかをキャッチすることです。マッサージなのか・会話なのか・性感なのかです。性感マッサージも慣れてきて最近は攻める楽しさも目覚めてきた涼子さんでした。

自分が働く錦糸町風俗店のオーナーがどういった人なのかが気になるのは当然

これから錦糸町風俗求人を探して働こうと思っている人は、どんな人が店舗を運営しているのか、経営しているのか知りたいという人も多いでしょう。昔ながらのお店の場合は暴力団や少々怖い人が絡んで経営していることもあります。グループ店でなん店舗か抱えているところなどはトップがそういった人たちとの関わりを深めていることもありますが、今の時代はそのような店はごく一部です。

ビジネスとして運営して経営をしているところが多いですので、それほど心配する必要は無いのです。入ってから身の危険を感じることがあるのではないかと不安を感じている人ももちろんいるかもしれませんが、それほど身の危険を感じることはありませんので安心していいでしょう。

例えばデリヘルなどは脱サラをした人が経営しているケースがあります。法の整備がされたことによって、実は錦糸町風俗業は審査をするだけで誰でも審査に通れば経営者として起業することが可能なのです。

ですからこれまでは普通にサラリーマンをしていたという人が脱サラをした上でこの業界で経営を始めるという人がいたり、失業したことがきかっけになり、仕事をしたいと思って企業をしたという人もいるようです。

その不安が杞憂になるくらいに今の錦糸町風俗店というのは安心して働ける良い職場であるということがいえる

店長だからといって誰もがその筋の人や怖い人ばかりであるというイメージを持っている人は、そのイメージを払拭しても今の時代は大丈夫でしょう。安心して働ける店舗はどんどん増えているといっても過言ではないのです。どんな人が経営しているのかもわからない店舗でこれから働くというのは不安ですから、必ず働く前には経営者の確認や、素性は調べておく必要はありますし、調べられないのであれば聞くことは必要ですからそれは忘れないようにしましょう。

いい加減な気持ちで、安易に働いてみたら、ちょっと怖い人が絡んでいたということもあるかもしれませんので、そのようなことにならないためにも錦糸町の風俗の求人情報サイトでしっかりと調べてから働きましょう。

最新投稿